まゆゆから親愛なるゆきりんへの手紙

まゆゆの連載が読みたくて7日発売の雑誌『duet』2017年3月号を買いました。

duet201703_1.jpg
ちなみに表紙はHey! Say! JUMPの藪宏太さん。

雑誌の内容は、ほぼ男性アイドルでした。
スポンサーリンク
まゆゆの連載は1ページ。

その1ページをきちんと読みたかったので今回初めて『duet』を買いました。


entry_img_2497.jpg

「渡辺麻友 親愛なる人へ3つの手紙」というテーマで、普段からまゆゆを支える“親愛なる人”宛にまゆゆが手紙を書いています。

まゆゆが手紙を書いた相手は「ファンのみなさん」、「お母さん」、そして「ゆきりん」。


ということで、ゆきりんへの手紙を引用します。

ゆきりんへ

出会って10年たつけど、ゆきりんは昔からずっと変わらずやさしいよね。いつもお母さんみたいな大きなやさしさで包み込んでくれてどうもありがとう。ゆきりんとは笑いのツボや感性が似てるから、いっしょにいると笑顔になれるしすごく楽しい。私がボケたりふざけると必ず的確なツッコミを入れてくれるので、ゆきりんの前では自由にやりたい放題できちゃいます(笑)。自分は歌わないのに、「麻友が行きたいならいいよ」って、いっしょにカラオケに行ってくれたこともあるよね。ゆきりん、本当に歌わないからずっと私がひとりで歌ってて…途中でちょっと心が折れました!さみしいから、今度カラオケに行ったら歌って下さい(笑)。あと、ずっと「行きたいね」って話してるサンリオピューロランドにも、今年こそはいっしょに行こうね!



まず、まゆゆを支える“親愛なる人”として、当たり前のようにゆきりんを選んでくれているのが嬉しい。

そして、冒頭の「出会って10年たつけど、ゆきりんは昔からずっと変わらずやさしいよね。いつもお母さんみたいな大きなやさしさで包み込んでくれてどうもありがとう。」という一文がまゆゆきりんの変わらない関係を表していると思いました。

まゆゆとゆきりんが出会って、もう10年も経つんですね。


mayuyuki141202g.gif
確かにゆきりんはいつもお母さんみたいな大きなやさしさでまゆゆを包み込んでいますよね☺️


mayuyuki151027_g2.gif
まゆゆがボケたりふざけると必ず的確なツッコミを入れるゆきりん。

本当にゆきりんと一緒にいる時のまゆゆは自由で楽しそう。だからまゆゆきりんを見ているとこちらまで楽しくなるんです😊

まゆゆはゆきりんと二人きりの時が一番リラックスしていて自由でいるような気がします。ステージファイター4周年のガチバトル(→ステージファイター4周年 まゆゆきりんのガチバトルが面白い!)や公式音ゲー「唇にBe My Baby」PR動画(→まゆゆきりんの「こんなキスシーンありえない!アドリブ一人芝居」)でのまゆゆを見るとそれがわかります。


手紙にある二人でカラオケに行ったエピソードは『ハピくるっ!』のインタビュー(→まゆゆきりんのハピトピは2人で初めてのカラオケ♪)で話していた時のかな?

entry_img_1364.jpg

hapikuru140922_6.jpg

hapikuru140922_7.jpg


ちなみにAKBINGO!の「手紙で伝えるはじめてのありがとう」という企画(→ゆきりんに手紙で伝えるはじめてのありがとう)でもまゆゆがゆきりんに宛てて手紙を書いています。


utacon170207_30.jpg

昨日の『うたコン』でのまゆゆきりんのピンク・レディーメドレーを見て、私の中でまゆゆきりんこそ最高のコンビであるという思いがますます強くなりました。

出会って10年が経ち、4月8日には劇場デビュー10周年を迎えるまゆゆきりん。

ゆきりんがまゆゆを支えただけでなく、まゆゆもまたゆきりんを支えてくれました。

AKB48の1期生オーディションを受けたゆきりん。その時は最終面接を受けるのを断念したのですが、諦め切れず3期生のオーディションを受けました。一方、2期生オーディションを受けて落ちたまゆゆもやはり諦めることが出来なくて3期生オーディションを受けました。そして、二人とも3期生オーディションに見事合格、今日まで10年以上もの間、同期として共に歩んできました。

まゆゆきりんを見ていると、二人が同期になったのは運命だったんじゃないかと思ってしまいます😌


同期や先輩だけでなく後輩メンバーも次々と卒業していく中、まゆゆきりんもインタビューで卒業について聞かれることが多くなりました。

ゆきりんが卒業に関して同期のまゆゆに対する想いを語ったインタビュー(→残すのも残るのも…)より。

 同期で親友でもある渡辺麻友さんに対しても、「自分が卒業して残すのも嫌だし、自分が残るも嫌だ」と複雑な思いを抱いているようで、「たぶんまゆゆも見送りたい、見送られたい、どちらでもないと思うし、できることなら一緒に卒業したいくらい」と苦笑まじりに語る。それでも最後には「今すぐではないけど、卒業後のことも、もっとこれまで以上に真剣に考えていこうと思いますね」と前を見据えていた。




これもゆきりんのインタビュー(→まゆゆとの関係性は特別)から。

 だいぶ困らせてしまったが、それほど自身の中で「まゆゆの存在が大きすぎる」のだという。今年の総選挙の立候補届もお互いを奮い立たせ、手をつないで一緒に提出した。「まゆゆとは一心同体な部分があります。同期、仲間、ライバルみたいなくくりではない、その上まで絆が深まったというか。まゆゆとの関係性は特別です」。“まゆゆきりん”コンビの深い絆を語って笑顔を見せた。




まゆゆもインタビュー(→同期という以上に大切で、大事なかけがえのない存在)でゆきりんに対する想いを語っています。

――渡辺さんご自身も、卒業を意識されていると思います。先日、ORICON STYLEで同期の柏木由紀さんにインタビューした際、「まゆゆと一緒に卒業したい」とおっしゃっていました。

【渡辺】私もまったく同じ気持ちです。いろんなメンバーが卒業していく中、ゆきりんも卒業してしまったら、続けられるか不安です…。同期という以上に大切で、大事なかけがえのない存在です。お互いに支えながら10年もやってきました。どっちかが欠けるのは考えられないですし、どちらかの卒業をどちらかが見送るのも見送られるのも嫌なので、できることなら一緒に卒業したいです。




entry_img_1996.jpg

entry_img_2113.jpg

entry_img_2263.jpg

entry_img_2268.jpg

entry_img_2416.jpg

いつ、どんな形でまゆゆきりんが卒業をするのかはわかりませんが、これまでAKB48を支えてきた二人ですから、色々な事情があるとは思いますが、可能な限り二人が望む通りにしてあげて欲しいです。

二人でサンリオピューロランドに行けるといいな😌

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このカテゴリの他の記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...