『柏木由紀1st Tour ~寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡~』Blu-ray買ったよ

11月23日に発売された『柏木由紀1st Tour ~寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡~』のBlu-rayを買いました!

リリースから1週間以上経ったので、ちょっとした感想などを。

ネタバレが多少あるかもしれないので、まだゲットしていないという方はスルーして下さい。


entry_img_2408.jpg
初回盤は透明スリーブケース、デジパック仕様、さらにPHOTOカード20枚セット封入。


yuki_1sttour_bd_02.jpg
裏ジャケというか、透明スリーブケースのカバー(紙製)の裏表紙?


yuki_1sttour_bd_03.jpg
ケースを開くとこんな感じ。


yuki_1sttour_bd_04.jpg
初回封入特典のPHOTOカード20枚の中から私のお気に入りの1枚を。

このPHOTOカードはポストカードぐらいの大きさがあるのですが、どの写真も素敵です✨
スポンサーリンク
それでは内容について。

まずはDISC1本編収録曲。なお、収録されているのはNHKホールで行われた東京公演の2日目です。


1.シアターの女神
2.遠距離ポスター
3.呼び捨てファンタジー
4.希望的リフレイン
5.てもでもの涙
6.Green Flash
7.ジッパー
8.365日の紙飛行機
9.マジスカロックンロール
10.口移しのチョコレート
11.夜風の仕業
12.沈黙
13.桜の木になろう
14.ショートケーキ
15.前しか向かねえ
16.ジェラシーパンチ
17.未来橋
18.初日
19.ハロウィン・ナイト
20.ポニーテールとシュシュ
〜ENCORE〜
EN1.Birthday wedding
EN2.明日も笑おう
EN3.大声ダイヤモンド
EN4.あなたと私


Blu-rayなので直撮りですが、ほんのちょっと画像を交えつつ感想を。


これぞアイドルのコンサートというキュートな演出のオープニング、そして1曲目「シアターの女神」のイントロと共にステージ最上段にゆきりん登場!

これだけでもうテンション上がっちゃいました。まだ歌ってないのにw


yuki_1sttour_bd_05.jpg

「シアターの女神」、「遠距離ポスター」、「呼び捨てファンタジー」は、ゆきりんがセンターだったり歌い出しだったりする曲で、どれもこの曲といえばゆきりんと言ってもいい曲なので、ソロツアーのセットリストに組み込まれても納得の3曲。しかも3曲とも明るいアイドルソングでオープニングから一気に盛り上がること間違い無しの選曲。

好きな曲が3曲続いて私のテンションもさらに上がりました。


yuki_1sttour_bd_06.jpg

4曲目にちょっと意外なところから「希望的リフレイン」。これはゆきりんのポジションがあまり良いとは言えない曲で、個人的にはそんなに聴かない曲だったのですが、それをまさか笑顔で観ることになるとは。ゆきりんがすごく楽しそうに歌って、踊って、お客さんを煽って。それに応えるお客さんの「ウォーウォーウォー」の掛け声もすごくて、この曲ってこんなに明るい気持ちになれる曲だったのかと思いました。

AKBの曲をゆきりんがソロで歌うと、実はいい曲だったんだと気付く。ゆきりんソロライブあるある。


衣装チェンジの間に会場に流れたYUKIRIN TIMEのVTRもちゃんと収録されています。その後で「てもでもの涙」、「Green Flash」、「ジッパー」、「365日の紙飛行機」と続きます。

「てもでもの涙」は今のゆきりんらしく大人っぽい雰囲気で。「Green Flash」はオリジナルとは別物になっています。もちろん良い意味で。ゆきりんがラップをいかにもラップしてます風ではなく、ゆきりん流に落ち着いたラップにしていることで曲の流れがラップで切れずに綺麗に流れて、よりしっとりと切ない「Green Flash」になっています。ゆきりんの歌声とペンライトで緑に染まった客席の光景には感動しました。


yuki_1sttour_bd_07.jpg

「ジッパー」は、もうただただ可愛い♡

特に衣装の早替えのところの可愛さ。ゆきりんは本当に魅せ方が上手い。アイドルだなあと改めて感心しました。


そして「365日の紙飛行機」の澄んだ歌声。優しく語りかけるように伸びやかに歌うゆきりんの「365日の紙飛行機」は本当に心に沁みます。何だか胸が締め付けられるような切なさがあるんです。

東京公演2日目のご当地ソングは「マジスカロックンロール」と「口移しのチョコレート」。

ゆきりんがソロで歌う「マジスカロックンロール」は可愛い!他の曲でもそうですが「オイッ!オイッ!」って煽るの可愛すぎ。最後の「センキュウ♪」も。

「口移しのチョコレート」でしゃがんで歌うところは可愛いというかセクシーでズルい☺️


yuki_1sttour_bd_08.jpg

ゆきりんがブランコに乗って歌う「夜風の仕業」。ファンの皆さんによるサビの大合唱は会場の一体感が伝わって来てとても感動的でした。「夜風の仕業」はゆきりんが初めてもらったソロ曲。ゆきりんにとってもファンにとっても特別な1曲なんだなあと改めて感じました。

この曲に限らず客席が結構映っているので、この日会場にいた方はもしかしたら顔がバッチリ映っちゃってるかもしれません😁


さらに「沈黙」、「桜の木になろう」としっとりと聴かせる曲が続きます。私は「桜の木になろう」はゆきりんがソロで歌うのが断然好きです。

それからゆきりんのソロデビュー曲「ショートケーキ」。こちらもオリジナルよりもややしっとりとした曲調で歌い上げています。「沈黙」や「ショートケーキ」は難しい部分のある曲だと思うのですが、流石にゆきりんは自分のものにしていて聴かせてくれます。

「ショートケーキ」を歌い終えてゆきりんがステージから姿を消すと、バンドのみなさんだけで再び「ショートケーキ」、さらに「クラス会の後で」を演奏。これがまた素晴らしい!

私は「クラス会の後で」が好きなので出来ることならゆきりんに歌って欲しかったですが、バンドの演奏だけでもかなり高まりました。ギターの松ヶ下宏之さん、ベースの山口寛雄さん、キーボードの星村麻衣さん、バイオリンのAyasaさん、そしてドラムの江口信夫さん。1stソロライブからずっとバンドメンバーとして演奏して下さっている皆さんなので、息もピッタリで最高にカッコいい演奏を聴かせてくれています。


そのままバンドメンバー紹介としてお一人ずつソロ演奏をして、ステージにあるスクリーンに“Yuki Kashiwagi”と出て、さらにその横に“Electric guitar”の文字が!


yuki_1sttour_bd_09.jpg
エレキギターを抱えたゆきりんがステージに颯爽と登場✨

しかし…。笑

エレキギターの演奏を失敗してやり直しているのですが、失敗したシーンもカットなしで収録されています。リリース前にインタビュー等でゆきりんが話していましたが、最初にゆきりんが出来上がったDVDの映像をチェックした時は失敗シーンはカットされていたそうなのですが、ゆきりんがカットなしで収録して欲しいとお願いして入れてもらったのだとか。

これはカットしないでくれて本当によかったです。失敗した後のゆきりんのリアクションが面白いし可愛い!歌い終えた後のちょっと言い訳っぽいMCも可愛い!そういうところも含めて観たいと思うファンの気持ちをゆきりんはわかってくれているんですね。

ちなみに「前しか向かねえ」も「希望的リフレイン」と同じ理由でほとんど聴かない曲になっていたのですが、ゆきりんが歌うと何でどの曲も良い曲になってしまうのでしょうか。ゆきりんマジックですね✨


yuki_1sttour_bd_10.jpg

ライブで盛り上げる定番曲にしたいという「ジェラシーパンチ」では、ゆきりんがお客さんに振り付けをレクチャー。お客さんが曲の途中でパンチしたり、ゆきりんだるまのペンライトやサイリウムを曲に合わせて素早く左右に振ったりしているのが楽しそうでした。


さらに「未来橋」、「初日」、「ハロウィン・ナイト」と続いて、本編最後の曲に「ポニーテールとシュシュ」。

ポニシュを一人で歌うのすごく大変だと思うのですが、歌っちゃってます。振り付きで。


yuki_1sttour_bd_11.jpg

もう最高に可愛い!最高にアイドル!後ろでAyasaさんも思わず微笑んでいますが、本当に思わず笑顔になってしまうほど可愛いんです。

これがアイドルなんだなあってしみじみと感じました。別に私はアイドル評論家でも何でもないですし、ゆきりんのファンになる前はアイドルに全く興味はなくて、アイドルに関する知識もありません。アイドルとはこういうものだという自分の中の明確な定義も持っていません。ただ、ライブで歌うゆきりんを見ていると、ああ、これがアイドルなんだって思うんです。ステージのゆきりんはそれぐらいキラキラ輝いているんです。


アンコールは「Birthday wedding」から始まって「明日も笑おう」、「大声ダイヤモンド」と続いて最後にゆきりんがファンへの想いを歌詞にした「あなたと私」で全24曲、2時間10分とちょっとの見応えありすぎる本編が終了。


ツアーに参加した方の感想ツイートなどを拝見していたので、間違いなく素晴らしいライブになっていると思ってはいたのですが、前作の横浜アリーナで開催した3rdソロライブのライブ映像が大掛かりなセットと演出もあって最高の内容だったので、果たして今回のNHKホールのシンプルなセットでのライブの映像が前作を超えるのかどうか、ほんのちょっとだけですが心配していたのですが、想像以上に素晴らしい内容でした。


ただ、ひとつ残念な点を挙げるとしたら、今回はゆきりんによるコメンタリーの収録がなかったこと。次回のライブ映像化作品では是非コメンタリーを復活させて欲しい。



特典映像の『Documentary of 柏木由紀 〜これまでのこと、これからのこと〜』は約1時間もあって、インタビューからリハーサル風景などこれまたかなりの見応えのある内容になっています。

リハーサルではMCをどれぐらいの長さでどこに入れるのか、登場をどの音をキッカケにするのかなど細かいところまでゆきりんが自ら意見を出していました。

フレンチ・キスの時からお世話になっているスタッフさん達で、ゆきりんのことをよくわかってくれていて、ゆきりんの意思を尊重してくれるのだというようなことをインタビューで話していました。他の現場では言えない意見もこのチームならどうにかしてくれるという安心感があるから、毎回やりたい事を全部出しきれているとも話していました。

ゆきりんが自分の意見を遠慮することなく言うことが出来る環境でソロライブをすることが出来ていることに安心しました。

スタッフさんには感謝しかないとゆきりんが話していましたが、ドキュメンタリーにはそれをちゃんと態度でもあらわしている姿が収められています。ゆきりんのそういう細やかな心配りもスタッフさんから愛される要素のひとつなんだろうなあと思いました。


インタビューには『CULTURE Bros.』(過去記事:ゆきりん表紙&巻頭特集64ページ『CULTURE Bros. vol.5』買ったよ)のロングインタビューを補完してくれるような内容もあって、個人的にはそういうことが言いたかったのかというのがわかってスッキリしました✨


yuki_1sttour_bd_12.jpg
エレキギターの練習をする姿にキュンとしました。この姿を見たら、あの失敗は笑えなくなるかも。


各会場で披露したご当地ソング、新潟公演の「NGT48」、大阪公演の「ナギイチ」、名古屋公演の「パレオはエメラルド」などもちょっとだけ収録されています。

ドキュメンタリーの半分はゆきりんの故郷・鹿児島での映像。公演だけでなく『FLASH』の「まるっとゆきりん3.5 in 鹿児島」(過去記事:まるっとゆきりん3.5掲載『FLASH』2016年11月29日・12月6日合併号買ったよ)にもあった照國神社やぢゃんぼ餅平田屋さんでの映像などもあります。


yuki_1sttour_bd_13.jpg
鹿児島市民文化ホールでマジックミラーになっている窓からすぐそばを通るファンに「おーい、こんにちは〜」と声を掛けるゆきりん。もちろん向こうには聞こえていないし、見えていないので素通りされます。笑

NHKホールではキャップにマスク姿のゆきりんがファンの方に気付かれないようにグッズ売り場をそっと覗いていて、ちょっとした不審者みたいになっていましたが、そういうお茶目なところも可愛いんですよね☺️


yuki_1sttour_bd_14.jpg
鹿児島公演のみWアンコールで「火山灰」を披露したのですが、ありがたいことに「火山灰」はフルで収録されています😭

それから「あなたと私」でのスタッフさんからのサプライズの様子も収録されています。

鹿児島の映像は他にも色々とジーンとくるシーンがあって、思わず涙してしまいました。


yuki_1sttour_bd_15.jpg
ライブが終わり誰もいなくなった鹿児島市民文化ホールの客席を見つめるゆきりん。

いつか一人でこのステージに立ちたいという夢を叶えた直後のゆきりんから出た言葉は「まだまだ上を目指したい」。


ドキュメンタリーも本当に素晴らしい!ゆきりんがプロとしてのステージにこだわる姿勢もよくわかるし、素の可愛らしい表情も見られるし、これは何度も観たくなる内容になっているのではないかと思います。私は本編&特典映像を既に3回観ましたし、もちろんこれからも観ます。


1st、2nd、3rdソロライブ、そして今回の1stツアーと、ライブがどんどん素晴らしいものになっていっているのは、アイドルとしてのゆきりんの進化が止まっていないから。次のライブもしくはツアーがあるとしたら、その時はまた今のゆきりんを越えたゆきりんの姿が見られると思うし、そう信じています。


長々と書いてしまいましたが、一言で言うと、ゆきりんのファンでよかった!


DISC2のCDに収録されているゆきりん作詞の新曲「miss you」ですが、作曲は本田光史郎さん、編曲は松ヶ下宏之さん。さらに歌詞カードにGuitar:松ヶ下宏之、Bass:山口寛雄、Keyboard:星村麻衣、Violin:Ayasa、Drums:江口信夫と記載されていました。だから演奏も素晴らしいのかと納得。爽やかで素敵な曲です♪


初回盤の販売が既に終了しているショップもあるので購入前に商品内容の記載などを確認した方が良いと思います。

【タワレコ】2DVD+CD / Blu-ray Disc+CD
【楽天ブックス】2DVD+CD / Blu-ray+CD



スポンサーリンク
スポンサーリンク
このカテゴリの他の記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...