総選挙には弱い自分を強くしてくれる魔法がある

6月18日にハードオフエコスタジアム新潟で行われた第8回AKB48選抜総選挙。

ゆきりんは92,110票で第5位でした。

総選挙番組のリアルタイム放送がなく、深夜に放送される地域なので、ツイッターで情報をチェックしていたのですが、5位でゆきりんの名前が出てしまったと知った時は、やはりショックでしたし、残念でした。

少し落ち着いてから、もう一度ツイッターを見ると、ゆきりんのスピーチがよかったというツイートがたくさんありました。それはゆきりん推しだけでなく、他推しあるいはAKBのファンというわけではなさそうな方など様々な方のツイートでした。

5位で名前が呼ばれた時のゆきりんがどんな様子だったのか、正直見るのが辛いなと思ったのですが、会場に行かず、テレビの前ですら応援出来なかったのだから、せめてちゃんとゆきりんの姿を見て、スピーチを聞こうと思い、深夜の放送を観ました。


sousenkyo160618_01.jpg
第5位の発表直前のゆきりん。


sousenkyo160618_02.jpg
名前を呼ばれたゆきりん。


sousenkyo160618_03.jpg
笑顔で立ち上がってお辞儀。


そして、小走りでステージへ。

sousenkyo160618_04.jpg

「応援して下さったみなさん、投票して下さったみなさん、本当にありがとうございました」


sousenkyo160618_05.jpg

「今年は速報が6位だったので今日を迎えるのがすごくドキドキしていたんですけども、一つ順位を上げて5位ということでホッとしているというのが正直なところです」


sousenkyo160618_06.jpg

「みなさんのおかげで今年もこうして笑顔でステージに立てたことを嬉しく思います」


sousenkyo160618_07.jpg

「総選挙も握手会やコンサートもやっぱりファンの方がいて下さるからこそ出来るものだなと今日改めて感じました。いつも応援して下さってるみなさんがこれからも見ていて、応援していて、楽しい、わくわくするような柏木由紀を目指して頑張りたいなと思います」


sousenkyo160618_08.jpg

「今年は正直、この総選挙に出るのはどうしようかなと、ちょっと考えました。ほんとに色んな事を考えて、出ないという選択肢もあるのかなあと思っていました」


sousenkyo160618_09.jpg

「そんな時に、ここ新潟で総選挙が開催される事が決まりました。私はNGT48を兼任していて、ここ新潟のみなさんはこんなにダメで頼りない私の事を快く、温かく迎え入れてくれました」


sousenkyo160618_10.jpg

「そして、こんな私を頼ってくれる仲間がたくさんいました」


sousenkyo160618_11.jpg


sousenkyo160618_12.jpg

「そんな仲間と一緒に頑張りたい。ここ新潟に少しでも恩返しが出来たらと思って、今年の総選挙に出ようと決意しました。私が…」


ここで、ゆきりんがファンの方からの声援に大丈夫だよというように笑顔で頷いていました。その時、ゆきりんの口が「ありがとう(ございます)」と動いていたように見えました。


sousenkyo160618g.gif

今回だけでなく以前もスピーチの途中でこんな風にファンの方からの声援に応えていたような記憶があります。

この一方通行じゃないファンへの対応がゆきりんらしいなと思いました。この様子を見て、小林幸子さんも微笑んでいました☺️


sousenkyo160618_13.jpg


sousenkyo160618_14.jpg


sousenkyo160618_15.jpg

「私が兼任しているNGTのメンバーにとっては、この総選挙というのは今年初めての事で不安でいっぱいだったと思います。他のAKBグループのメンバーも総選挙緊張するしヤダな、不安だな、出たくないなって思っているメンバーもいたと思います」


sousenkyo160618_16.jpg

「でも、今まで8回総選挙を経験して思ったことがあります。この総選挙には、弱い自分を強くしてくれる魔法があるなと、私は思います。必ず成長させてくれる魔法です」


sousenkyo160618_17.jpg

「なので、全国のみなさん、ファンのみなさん、見ていて下さい。今日という日を終えて、メンバーみんな、私ももちろん、もっともっと強くなると思います」


sousenkyo160618_18.jpg

「最後に、私は何か特別な事が出来る人間ではないですし、一人で何かを起こす事が出来る人間でもないなと思うんですけども…」


sousenkyo160618_19.jpg

「だけど、AKBがすごく大好きでNGTのメンバーの事もすごく愛おしく思います」


sousenkyo160618_20.jpg

「そして、こうしてAKBとして大好きな事に夢中になれている毎日を幸せに思います。目の前にある好きな事に夢中になれる素晴らしさを後輩にももっともっと知って欲しいなと思います」


sousenkyo160618_21.jpg

「AKB48は総監督が横山由依ちゃんに代わって、今、まさに新しく変わろうとしています」


sousenkyo160618_22.jpg


sousenkyo160618_23.jpg

「今日の結果を受けても後輩と呼ぶにはもう十分なメンバー達が私の事を越えていきました」


sousenkyo160618_24.jpg

「それを見て、安心するのではなく、まだまだ一緒に先陣を切ってAKBグループを支えていきたいなと思いました」


sousenkyo160618_25.jpg

ここで会場のファンのみなさんやゆいはん達メンバーから拍手。ゆいはんの優しい表情☺️


sousenkyo160618_26.jpg

「なので、まだまだみんなで先を目指して頑張っていくAKB、NGT、そしてAKBグループ、さらに柏木由紀の事もどうぞ応援よろしくお願いします」


entry_img_2171.jpg

「今日は本当にありがとうございましたー!」


sousenkyo160618_28.jpg


sousenkyo160618_29.jpg

スピーチを終えたゆきりんに司会の徳光さんが「後ろの方でやっぱりあなたが第5位だった事でちょっとショックを受けている後輩達も結構いるようで」と言うと、泣くのを必死に堪えているのか、もう泣いちゃっているのか、何とも言えないのえぴーの表情が映されました。


sousenkyo160618_30.jpg

ゆきりんに手を振るひなたんとまほほん。


sousenkyo160618_31.jpg

「そうですね、私は、もうAKBに10年ぐらいいて、もう嬉しい事も楽しい事もいっぱいあったんですけども。まあ、悲しい事や辛い事や苦しい事も乗り越えて来て、こうやってステージに、この総選挙のステージに立つ時は毎年何でか笑顔で楽しく迎えられているので、日々を毎日楽しく過ごして欲しいなと、一緒に過ごして欲しいなと後輩にも思います」


sousenkyo160618_32.jpg

のえぴー😭

スタジオのみなさんは、多分ゆきりんの話を聞いているのえぴーのこの表情が微笑ましくて笑っていらっしゃったんだと思いますが、私は笑えませんでした。むしろ一緒に泣いてしまいました。私もこんな表情でテレビを観ていたと思います。


sousenkyo160618_33.jpg

徳光さんの「去年の2位、今年5位、本当にショックではない?」という質問に「ほんとにショックじゃないです」ときっぱり答えて、さらに「それだけAKBグループが大きくなってきて、頼れる後輩が増えたという証だとも思うので。でも、まあ譲るつもりはないので、一緒に頑張らせていただきたいなと思います」と笑顔で答えたゆきりん👏


ゆきりんの口からどうにか悔しいとかショックだったと言わせたかったようですが、これには徳光さんも「わかりました」と引き下がるしかなかったようです。笑


もちろん、昨年の2位から5位に順位を落としてショックじゃないはずはないと思います。それでも名前を呼ばれた時からスピーチを終えるまでずっと笑顔だったゆきりんが私にはとても素敵で輝いて見えました。ゆきりんを応援して、投票してよかったし、ゆきりんのファンでよかったとしみじみ思いました。


自分の時は涙は見せないのに他のメンバーの時には目に涙を浮かべたり、微笑んで見守っていたゆきりん。

sousenkyo160618_34.jpg


sousenkyo160618_36.jpg


sousenkyo160618_37.jpg


sousenkyo160618_38.jpg


sousenkyo160618_39.jpg


sousenkyo160618_40.jpg


sousenkyo160618_35.jpg
わんわん警察が登場した時は「優子ちゃーん」って言って手を振っていました😊
スポンサーリンク
続いてテレビ朝日の総選挙延長戦。

sousenkyo160618_41.jpg

羽鳥さんの「おめでとうございます」と言う言葉に「ありがとうございます」と言ってカメラに向かって笑顔で手を振るゆきりん。

ああ、ゆきりんはやっぱりアイドルだなと思いました😌


sousenkyo160618_42.jpg

羽鳥さんから「いかかですかこの順位は?」と聞かれて「そうですね、今年はNGT48を兼任している中でこの地元新潟でなるだけいい順位になりたいなっていうのはあったんですけども、でも、笑顔でスピーチ出来てよかったかなと思います」と答えるゆきりん。


sousenkyo160618_43.jpg

「NGTのメンバーにとっては今回のこの地元での選挙っていうのはすごく意味があるんだという風におっしゃってましたけど、まさにその通りですね」という羽鳥さんに「そうですね。みんなもう来年を目指して、またみんながこう前向きに言っていたのでみんなと一緒に頑張りたいなと思います」と答えるゆきりん。


sousenkyo160618_44.jpg

羽鳥さんからゆきりんへのコメントを求められて「いやあ、もうゆきりんは絶対泣かないなっていう風に思ったんですけど、泣かずにきちんと後輩に向けても、抜かしていったメンバーに対しても敬意を払いながら、でも私は負けませんよっていうのがゆきりんらしいなって思いました」と話すたかみな。

たかみなが話している途中、ゆきりんの目が潤んでいたように見えました。


sousenkyo160618_45.jpg

「ありがとうございます」と言うゆきりんに頑張れっていう感じでポーズをするたかみな。


sousenkyo160618_46.jpg

ゆきりんのスピーチをVTRで振り返っていました。

メンバー全員のスピーチを振り返っていたわけじゃないし、他局では飛ばされていただけに、これはありがたかったです。


sousenkyo160618_47.jpg

「魔法、魔法」ってイジるたかみなw


sousenkyo160618_48.jpg

照れて顔を隠すゆきりん☺️


sousenkyo160618_49.jpg

周りのメンバーも笑って、「ヤバい!名言っぽくなっちゃう」ってリアクションするゆきりん。

「早速イジられてますよ」って言ったのは隣にいたさや姉かな?


sousenkyo160618_50.jpg

「いい言葉、いい言葉よ」と声をかけるたかみな。


sousenkyo160618_51.jpg

「身を持って、魔法があるっていう事をこれからも証明したいなと思います」と言うゆきりん。


イジったり、イジられたりの関係のゆきりんとたかみなですが、たかみなのおかげでゆきりんの気持ちも和んだんじゃないかと思います。たかみなにはゆきりんが頑張って笑顔でいることが分かっていたんじゃないかなと私は思いました。


昨日のゆきりんのツイート。

まずは開票イベント前。

yuki_t160618_1.jpg


この時は私も流れに乗っていけるんじゃないかと思っていました。


そして、開票イベント終了後のツイート。

yuki_t160618_2.jpg


スピーチでも「ここ新潟のみなさんはこんなにダメで頼りない私の事を快く、温かく迎え入れてくれました」と言っていましたが、ここでも「こんな私」なんて言うから、切なくなりました。そんな事ないのに。

今回の総選挙では順位を落としただけではなく、票数を大きく減らしてしまいました。ゆきりん本人もファンもおそらく大きな理由の一つが何なのかわかっているんじゃないかと思います。昨年の総選挙で過去最高の票数を獲得して、過去最高順位である2位になりましたが、その直後の出来事で喜びに浸る間もありませんでした。その事で離れていったファンは少なくないんじゃないかと思います。今回の結果を自業自得だと言われても仕方がないとも思います。だけど、もし、ゆきりんが今回の総選挙の順位や票数で自分の価値が下がったと思っているのなら、それは絶対に違うって言いたいです。

スピーチで「私は何か特別な事が出来る人間ではないですし、一人で何かを起こす事が出来る人間でもないなと思うんですけども」と言っていましたが、そんなわけないです。ソロで全国ツアーをして、たくさんの人を楽しませたり、感動させたりする事が出来る人が特別な事が出来る人間じゃないなんて。

全国ツアーの感想ツイートを見ると、全ての人がゆきりん推しだったわけではないようでした。他推しあるいは元ゆきりん推しという方もたくさんいらっしゃったようです。ソロライブを観て、ゆきりんを好きになったから投票すると言って下さっている方もいましたが、他に推しメンがいる方がライブが楽しかったからと言って総選挙でゆきりんに投票するかというと、それはまた別の話なんじゃないかなと思うんです。でも他推しなのにチケット代を払って、ゆきりんのソロライブを観に来てくれるって、逆にすごい事だと思います。それだけゆきりんの歌やステージでのパフォーマンスに魅力があるという事ですから。

だから、どうか自分を過小評価しないで、もっと自信を持って欲しいです。


初めて3位になった第3回の総選挙でスピーチをするゆきりんを見たのが私がゆきりん推しになるきっかけの一つでした。それまでアイドルには全く興味がなく、歌番組で口パクをしているAKBにはあまり良い印象を持っていませんでした。それが、何となく見た第3回の総選挙で他のメンバーが悔しいと言ったり、泣いたり、中には不貞腐れているかのような表情を見せたりしていた中で、笑顔で凛とした声でスピーチをするゆきりんが印象的で、素敵な子だなと思ったのです。それで気になって色んな動画を観たのですが、歌って踊るゆきりんがさらに魅力的で。それでいて、バラエティではものすごいリアクションをするし、イジられキャラだし。気付いたらすっかり夢中にさせられていました。

あれから新たな姉妹グループが次々と出来て、若いメンバーもどんどん増えましたが、ゆきりんほど好きになれる子は現れませんでした。運営が数年がかりで世代交代を進めようとしてきたのに申し訳ないです。だけど、今回の総選挙を見ても世代交代が進んだとは言えない結果だったんじゃないかと思います。世代交代は無理矢理進めるものじゃなくて、気付いたら若手が台頭して来ていつの間にか世代交代していた…っていう流れが自然なんじゃないでしょうか。

ゆきりんがAKBに残るのなら、スピーチで話したように後輩に譲らないという気持ちでいて欲しいです。ただ、ゆきりんは優しいからなあ…。それがゆきりんの良いところなんですけど。

そして、いつかAKBを卒業したら、ソロでずっと歌い続けて欲しいです。


ゆきりんがカメラの前で泣かなかったのに私はたくさん泣いてしまいました。今日はもう泣くのはやめようと思っていたのにモバメを読んで涙、ブログを書くためにもう一度スピーチを聞いてまた涙。笑

私にとって総選挙は決して楽しいイベントでも好きなイベントでもありません。だけど、どんな順位であろうと総選挙でスピーチをするゆきりんを見る度にゆきりんのファンでよかったって思って、ますますゆきりんを好きになるという不思議なイベントでもあります。


順位は第5位ということで、昨年よりも落としてしましましたが、今回の総選挙のスピーチでゆきりんをちょっと好きになったとか、応援したくなった、ゆきりん推しに戻りそうなんていうツイートがあったのが、すごく嬉しかったです。私がそうだったように、これがゆきりんを知るきっかけになったらいいなと思います。来月で25歳になるゆきりんですが、もう25歳ではなく、まだまだ25歳。これからもっとファンが増えると私は思っています。そのためにゆきりんの魅力をもっとたくさんの人に知ってもらう機会があればと思うので、事務所にはそろそろ3rdソロシングルのリリースを検討していただきたいです😌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このカテゴリの他の記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...