ゆきりん23歳の生誕祭 Part2

7月18日に行われたゆきりん23歳の生誕祭について。

Part1の続きは「白いシャツ」から。

「白いシャツ」ではとにかくまゆゆきりんがわちゃわちゃしてました(*^ω^)人(癶∀癶)

teamb140718_43.jpg
ゆきりん、まゆゆ、たなみん!3期最高!\(^o^)/

teamb140718_44.jpg
ゆきりんに向かって手をヒラヒラするまゆゆw

teamb140718_45.jpg
最初にまゆゆがゆきりんにマイクを向けてきたので、ゆきりんもまゆゆにマイクを向けるのですが…

teamb140718_46.jpg
ゆきりんがマイクを持つ手を掴んで、自分のマイクで歌うまゆゆw

「私のマイクは?」と言いたげに自分を指差すゆきりん。

teamb140718_47.jpg
最後はちゃんとゆきりんにマイクを向けたまゆゆ。


この後もまゆゆのゆきりんへのちょっかいは続きます。

ゆきりんが背中を向けて移動しようとすると、まゆゆの視線が下…ゆきりんのおしりの方へ。

teamb140718_48.jpg
ゆきりんのおしりを触るまゆゆw

teamb140718_49.jpg
しかし、ゆきりんにその手をガシッと掴まれて…

teamb140718_50.jpg
この人チ◯ンです!状態にwww

teamb140718_51.jpg
謝るまゆゆ。

やけに素直だなと思ったら…

teamb140718_52.jpg
すぐにニコッと笑うまゆゆ。

teamb140718_53.jpg
しょーがないなぁもう♪って感じで笑うゆきりん。

teamb140718_54.jpg
今度はゆきりんがまゆゆのおしりにタッチ♡

teamb140718_55.jpg
すると、まゆゆがヒップアタックで反撃!笑

teamb140718_56.jpg
楽しげな柏木ぱいせんと渡辺ぱいせん。完全に二人の世界ですね(*´ω`*)

teamb140718_57.jpg
曲終わりのゆきりんコールに応えるゆきりんとそんなゆきりんに手をヒラヒラするまゆゆ♪

teamb140718_59.jpg
最後は「ラブラドール・レトリバー」を披露。


そして、最後の挨拶へ。

teamb140718_60.jpg
まゆゆからの「ちょっと待ったーーーっ!」。

「今日は…なんとー!7月15日にお誕生日を迎えたぁーーー!ゆきりんの生誕祭でーーーす!」と、かなりハイテンションなまゆゆ。

teamb140718_61.jpg
ゆきりんの周りを回りながら「鹿児島!ゆきりーん!」って言うまゆゆに笑うゆきりん。

teamb140718_62.jpg
ケーキのロウソクの火を吹き消すゆきりんとそれを見守るまゆゆ。


ケーキのそばに置いてある封筒に気付いた振りをするまゆゆが、封筒の中の手紙を読みました。

下記にまゆゆが読み上げた手紙の内容を文字起こしします。


柏木由紀 様

お誕生日おめでとうございます。
このお手紙を書いてくれないかと頼まれた時、こんな私がゆきりんの生誕祭のお手紙なんて書いてもいいのかなって思ったのですが、何百人もいる48グループの中からゆきりんにふさわしい人として選んでもらえたことがすっごく嬉しかったので、お祝いのお手紙を書かせて頂くことにしました。
出会ってから二年ぐらいは先輩と後輩という関係がものすごくはっきりしていたけど、AKB歌劇団をきっかけにゆきりんがどんどん心を開いてくれて、まずは敬語からぎこちないタメ語に変わり、私のことを名字呼びから名前呼びに変えてくれて、最近ではお互い非公式のあだ名である「みゃーざーさん」と「キャシー」という呼び方で呼びあえるくらいメンバーの間でもファンの皆様の間でもあっつあつな名コンビとして有名になっちゃいましたねぇ。
見た目はもちろん性格も正反対に見えるウチらがなぜこんなにも仲良く出来ているのか、ふと考えた結果、出た答えは価値観が同じという所なんじゃないかなと思いました。
二度目の選抜総選挙が終わった直後、二人で「神7の壁は高いしなかなか越えられないよね」と話したのを覚えていますか?翌年の第3回選抜総選挙でなかなか越えられないと思っていた神7の壁をどーんと越え、一気にベスト3になったゆきりんに感動して、悔しさよりも嬉しい気持ちでいっぱいになったことは今でも忘れられません。
ソロデビューもして一人であの横浜アリーナでコンサートが出来てしまうゆきりんは48グループのみんなが誇る本物のアイドルだと思います。
自分の感情をなかなか表に出さないゆきりんだから、どこかに本音を吐ける場所はあるのかなってずっと思っていたんだけど、その場所はAKBに入る時に鹿児島から一緒に東京へ出て来てくれて、いつでもゆきりんの帰りをお家で待ってくれているお母さんなんだなとソロコンサートで「火山灰」を歌うゆきりんを見て感じました。
ゆきりんとこんなに仲良くなれたこと、信じ合える関係になれたことに心から感謝しています。まだまだ進化し続けるアイドル柏木由紀をファンの皆さんと共に楽しみにしてるよ。そして、いつかまた二人で歌を歌おうね。
ゆきりんにとってこの一年がさらに素敵な一年になりますように。ずっとずーっと大好きです。23歳のお誕生日本当におめでとう。

以上、SNH48兼SKE48チームSの宮澤佐江より



ということで、今年の生誕祭のお手紙は佐江ちゃんからでした。

teamb140718_63.jpg
最初は誰からの手紙なのか分かっていない様子のゆきりんでしたが、後でゆきりんも言っていたように「AKB歌劇団」で佐江ちゃんだと分かったらしく、この表情に。

teamb140718_64.jpg
佐江ちゃんの手紙のゆきりんが本音を吐ける場所はゆきりんのお母さんなんだ…というところで、涙をこらえようとキュッと口を結ぶゆきりん。

teamb140718_65.jpg
でも、涙が頬を伝っていました。


第3回選抜総選挙でゆきりんが3位になったことについて「一気にベスト3になったゆきりんに感動して、悔しさよりも嬉しい気持ちでいっぱいになったことは今でも忘れられません。」と言ってくれる佐江ちゃん。

「ソロデビューもして一人であの横浜アリーナでコンサートが出来てしまうゆきりんは48グループのみんなが誇る本物のアイドルだと思います。」と言ってくれる佐江ちゃん。

「まだまだ進化し続けるアイドル柏木由紀をファンの皆さんと共に楽しみにしてるよ。」と言ってくれる佐江ちゃん。

ゆきりんにとって、そして、ゆきりんのファンにとっても嬉しい言葉が散りばめられた手紙に感謝の気持ちでいっぱいです。


佐江ちゃんが手紙に書いた非公式のあだ名について。

まゆゆ「みゃーざーさんと?」

ゆきりん「みゃーざーさんとキャシー」

まゆゆ「キャシー?」

お客さん「キャシー!」

teamb140718_66.jpg
ゆきりん「ダメ!佐江ちゃんしか呼んじゃダメなの!」

teamb140718_67.jpg
まゆゆ「ダメですよ。キャシー禁止でーす」

まゆゆの「キャシー禁止でーす」の言い方w

teamb140718_69.jpg
まゆゆに「いいですよね熱々な名コンビ。これからもね、さえゆきを見せびらかしちゃって下さい」と言われて「見せびらかしてるつもりは全くないんだけど(笑)」って答えるゆきりん。

そういえば、去年の札幌ドーム公演の後のぐぐたすで、お互いを「みゃーざーさま」と「きゃしわぎ様」って呼んでましたね(過去記事:みゃーざーさまときゃしわぎ様)。


まゆゆに「この23歳の一年はどんな一年にしていきたいですか?」と聞かれたゆきりん。

teamb140718_70.jpg

ゆきりん「23歳。そうですね、22歳の一年がすごく色んなことがあって、AKBはチームも変わったし、NMB48の兼任も決まったし、ソロの曲も出させていただいて、フレンチ・キスの活動がまた始まったりとか、すごくいっぱいお仕事の面で色んなことがあったんですけど、23歳はそういう仕事の細かいこととかそういうのじゃなくって、周りの人を笑顔に出来るような人になりたいっていうのが今年の一年の目標です。シンプル。シンプルに」

まゆゆ「周りの人を」

ゆきりん「うん」

まゆゆ「笑顔にしたい」

ゆきりん「メンバーもだし、家族もだし、友達もファンの皆さんも」

まゆゆ「いいですね」

ゆきりん「シンプルでしょ」

teamb140718_71.jpg
まゆゆ「いい!笑顔になった!」

teamb140718_72.jpg
ゆきりん「えっ?本当?よかった!」

まゆゆ「もう笑顔です」

ゆきりん「ありがとう♪」


まゆゆ「じゃあ、本日こうしてお祝いをして下さって、そして、いつもたくさんゆきりんを応援して下さっているファンの皆さんへメッセージをお願いします」

ゆきりん「今日はこんな素敵な生誕祭を開いていただきありがとうございました。サイリウムもそうだし、私、今まで赤ってのが初めてだったと思うんですけど、「純情主義」だったから赤だったりとか、うちわでBで最後にキレイに23歳ってやってくれたりとか、そういうのすごくファンの皆さんの人柄っていうんですか?すごく出てて嬉しかったです。そうですね、23歳は、んー、なんだろうなぁ、やっぱり…AKBでももう7年ちょい?8年?7年?8年?(まゆゆ「8年目です」)8年目か。…になって、最近握手会も再開してファンの皆さんと直接話せる機会がまた増えて。すごい最近「お願いだから卒業しないで下さい」ってすごい言われるようになったんですけど(笑)」

まゆゆ「あら~」

ゆきりん「そうなんですよ。ちっちゃい子にも言われるようになったりして」

まゆゆ「ちっちゃい子も心配してるの?」

ゆきりん「そう、あとご年配の方も「ゆきりんが生き甲斐なんです」って言われたりすると…そんなね、人の生き甲斐になれる職業なんて滅多にないじゃない?」

まゆゆ「素晴らしいことですよ」

ゆきりん「そう。私やっぱりAKB48をやったり、NMBやったり、アイドルっていうのをやりたいって自分が思ってるのはやっぱり一番こうやってファンの皆さんを近くに感じれて、ステージでとか、曲を聴いてファンの皆さんが笑顔になってくれてるんだなって一番すごく実感できるのがやっぱりこのAKBグループだなって思ったので。私は、こう応援して下さる方がいたり、後は今後輩もたくさん増えてるので、こう、なんだろうな、教えれることがあったらいっぱい教えたいし、あの、おばちゃん扱いしないで仲良くして欲しいし(笑)。すごくまだ皆にいっぱい、なんだろうな、伝えたいこととかも、皆とまだまだ活動したいので多分まだしばらくはいるんじゃないかなと思って。たぶんね。たぶんね。私よく口だけだからわかんないけど(笑)」

まゆゆ「急に気分変わるかもしれないからね」

ゆきりん「変わるかもしれない」

まゆゆ「そん時はそん時で」

お客さん「やだー!」

teamb140718_73.jpg
ゆきりん「やっぱこういう声援とか、そういうのってすごくやっぱり力になるし、私はやっぱりファンの皆さんのおかげで今の立ち位置だったり、今のこういう楽しい毎日、楽しい活動が出来ているのはファンの皆さんのおかげだなと思っています。すごく自分のファンの皆さん、何て言うんですかね、いい人みんな。すごく自信を持って。もちろん48グループのファンの皆さんもそうですけど、私のことを応援して下さってる方を自分が自信を持ってメンバーにも色んな人にも自慢出来るファンの皆さんなので、そのファンの皆さんの期待に応えていけるよう、後は期待以上のことをやっていけるようにこの一年も活動していきたいなと思いますので、是非またそういうサイリウムとか、あとゆきりんだるまちょっと持って来るの大変だと思うんですけど、あの人形の方は…だったりサイリウムだったり、応援してくれたら嬉しいなと思います。私もまだまだ48グループのために今年も一年頑張っていきたいと思いますのでどうぞ応援よろしくお願いします」

teamb140718_74.jpg
まゆゆ「やっぱね、ゆきりんはアイドルだなって。日に日に強くなって」

ゆきりん「日に日に思ってるんですか?(笑)」

まゆゆ「日に日に思ってます」

ゆきりん「ありがとうございます」

まゆゆ「常日頃」

ゆきりん「ありがとうございます」

まゆゆ「今日も感じました」


そして、話題は2日後(20日)のチームBのツアーのことに。

ゆきりん「チームBもツアー始まりますからね」

まゆゆ「そうですよ」

ゆきりん「そうですよ。なんかNMBのライブで「今までの8年間で一番良かったです!」って何か言っちゃったの私。そん時はほんとに思ったの」

teamb140718_76.jpg
まゆゆ「おい!」

ゆきりん「思ったけど…」

まゆゆ「おい!」

ゆきりん「でも、それってその時その時、毎回思うから、たぶん…」

まゆゆ「常に更新してるんですね」

ゆきりん「たぶん明後日またおんなじこと言うんじゃないかな。チームBも大好きだし」


ライブをする度にそのライブが一番良かったって思えるって素敵なことですよね(OvO)

まゆゆの「おい!」っていうツッコミがよかったw


teamb140718_78.jpg
まゆゆきりん最高♪


最後にステージからはける時。

teamb140718_80.jpg
お客さんに手を振るまゆゆきりん。

teamb140718_81.jpg
一度幕の向こうに消えたまゆゆが再び姿を現す☆

teamb140718_82.jpg
最後まで手を振るゆきりんと両手を広げてゆきりんを待ち構えるまゆゆ。

teamb140718_83.jpg
ゆきりんがまゆゆの方に振り向くと同時にまゆゆの右手がゆきりんに!

teamb140718_84.jpg
そのまましっかりとゆきりんに抱きついたまゆゆ♪

この先は残念ながら幕が閉じて見ることが出来ませんでした( ˘•ω•˘ )


オンデマのコメントはもちろんまゆゆきりん(*^ω^)人(癶∀癶)

entry_img_1265.jpg
今回はまったりとした雰囲気のまま終わりそう…

と思ったら、一度画面から消えたまゆゆが「あっ!」って言って戻って来ました。

teamb140718_87.jpg
まゆゆが「あっ!」って言った直後にゆきりんが「あっ!足踏んだ〜」って。笑

teamb140718_88.jpg
ゆきりんの足を踏みに戻って来たまゆゆ。

最後の最後までまゆゆきりんありがとうございます♪


生誕祭の主役であるゆきりんはもちろん、まゆゆの笑顔もいっぱい見ることの出来た素敵な公演でした。まゆゆきりんだけじゃなく他のメンバーも。そして、画面には映っていないので見ることは出来ませんでしたが、お客さんも笑顔だったんじゃないかと思います。オンデマを見た私は当然笑顔になりました。

ゆきりんの23歳の目標「周りの人を笑顔に出来るような人になりたい」はとっくに達成出来ているので、他の目標を考えてもらわないとね(*˘◡˘*)

改めて、ゆきりんにとって23歳の一年がたくさんの笑顔であふれる一年になりますように。

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

生誕祭終了後のゆきりんやメンバーのブログ、ぐぐたす、Twitterの投稿については過去記事「思い出と愛をありがとう」で。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このカテゴリの他の記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...